新築の補助金と減税

  • 消費税が平成31年10月から税率10%に引き上げられる予定です。高額な一戸建て住宅にかかる消費税は現行の8%から2%アップするだけで、かなり大きな負担となります。では、消費税はマイホーム購入の際、どの時点での税率が適用されるのでしょうか。

    それは工事が完了した引き渡し時点の税率になります。ただし、消費税がアップする半年前の平成31年3月31日までに契約すれば、引き渡しが10%にアップされた10月以降になっても、消費税は8%のままなのです。消費増税に伴う負担を軽減させる国の補助金や減税制度があります。その一つに、新築購入の際に受け取れる補助金が「すまい給付金」です。消費税率8%時で最大30万円、10%時で最大50万給付されものです。

    施工会社が実施している長期優良住宅やゼロ・エネルギー住宅に支給される「地域型住宅グリーン化事業」。どの補助金を受け取るにしても施主の年収、住宅の品質、床面積などの条件があります。また、新築すると税負担が軽減される減税制度があります。住宅ローン減税、不動産所得税、固定資産税の減税。これらはどれも確定申告をしないと対象となりません。

    知って得する補助金の話、知らないと損する減税の話でした。新築一戸建て購入を、お考えなら、「はじめに予算ありき」です。補助金、減税を上手に活用して、賢く建てましょう。また、建築費以外にかかるお金、火災保険料や新しい家具の購入代、引っ越し代等々、備えあれば患いなし、建ててからの生活もあります。資金計画は始めに立てておきましょうね。